ペットは何故誤飲を繰り返してしまうのか?

困り顔のレトリバー

散歩の途中で落ちているものが見つかると飛びかかってそのまま飲み込もうとしたり、屋内でも部屋に落ちている食べ物ではない対象をくわえたりする愛犬の様子を目の当たりにするのはよく観察される行動の一つです。
時には誤飲してしまって動物病院に搬送することになって最悪の場合、開腹手術で摘出する必要に迫られる場合もあるほどです。
誤飲といっても色々なシチュエーションがありますが、犬の本能的な部分を理解することでかなり防ぐことができます。
そこでペットが誤飲する理由について検討してみましょう。

そもそも犬がものをくわえるのは本能的な行動です。
つまり食欲の有無にかかわらず、対象物が目に入ると、とりあえず口で獲得しようとする傾向があるというわけです。
それでは誤飲が問題になる場面ごとに原因を考えてみます。
まず食べ物やそのにおいが付着した串などに噛み付くケースです。
ビーグルやレトリーバーなど好奇心旺盛で空腹がちで餌の食欲も大きい犬種では頻繁に見られます。

空腹とは関係なく飼い主の気を引きたいがため、あるいは口に入れたものを独占したいために口にしてしまうこともあります。
そして屋内でもよく見られるケースにはグッズで遊んでいるうちに破壊してしまって飲み込んでしまうこともあるようです。

それぞれの機会にその都度、愛犬を嗜めたりするにもかかわらず、どうして繰り返すのでしょうか。
例えば愛犬が退屈しているときに、屋内に洗濯物などがおちているシチュエーションを想定します。
洗濯物を口にくわえると飼い主が大騒ぎして飛んでくるのがよくある反応です。
普段は口にして運んできても飼い主は無反応なのに、他のものを口にすると飼い主が激しく反応したのを目にしてご褒美を得たと勘違いしてしまいます。
ペットのしつけのために厳しく対応したのが、ペットにしてみればご褒美を得たと勘違いすることで報酬を得た記憶が強化されて、誤飲を繰り返すことにつながっています。

このような誤飲を繰り返す行為を防ぐためには、口にする癖の有無に関係なくペットの周囲に無用なものは拾っておくなどしてきっかけを無くすことが効果的な対策になります。
餌以外に愛犬が口にしそうなものは犬の届かない場所に置いておく、食物でなくても余計なものは拾っておく、ゴミ箱は蓋付きにするなども対策になるでしょう。

誤飲を繰り返しているなら、しつけでは限界があるのできっかけを無くすことが先決です。
そして愛犬は常に誤飲のリスクがあることを踏まえて、飼い主サイドでも注意を怠らないことが重要です。